「宗祇終焉記」(宗長)

「宗祇終焉記」(宗長)

中世日記紀行集

越後府中(今の直江津辺り)に滞在中の、
師・宗祇を訪ねた宗長が、

病身の師とともに草津、伊香保、江戸、鎌倉を経て、
箱根にて宗祇の死に立ち会い、
哀しみの中で駿河へ戻る、という紀行文。

印象的な記述が二つあって、一つめは、

「富士をいま一たび見侍らん」

という病気の宗祇の願いを聞いて、

越後から信濃路を南下し、
宗長は草津、宗祇は伊香保という、
「名所の湯」にそれぞれが留まるという場面。

そして二つめは宗祇臨終のくだりで、

「ただ今の夢に定家卿に会ひたてまつりし」

と言う宗祇が、

「玉の緒よ絶えなば絶えね」

と、定家ではなく式子内親王の歌を吟じるのが、

この歌の意味や、定家と親王の関係なども絡まり、
何とも複雑な思いにさせる。

そして最後は、

「ながむる月にたちぞうかるる」

という句を沈吟し、

「我は付けがたし。皆々付け侍れ。」

という言葉とともに宗祇は息を引き取る。

師の死の直後に、まず宗長が思い浮かべた、

旅の世に 又旅寝して草枕 夢のうちにも 夢を見るかな

という慈円の歌が、余韻となって読後も残る。

本・読書カテゴリの最新記事