「世界が動いた『決断』の物語 新・人類進化史」(スティーブン・ジョンソン)

「世界が動いた『決断』の物語 新・人類進化史」(スティーブン・ジョンソン)

スティーブン・ジョンソン 著、「世界が動いた『決断』の物語 新・人類進化史」(朝日新聞出版)
スティーブン・ジョンソンによる、
「新・人類進化史」シリーズの3冊目。

実際の歴史や政局などの、
重要な局面に存在した「決断」の例をたどりつつ、

予想、選択、決定といった、
「決断」に至るまでの一連のプロセスには、
どのような方法があり得るのか、

そしてそれらを行う際に、
我々の脳や心理がどのように作用するのか、

について述べた本。

オバマ政権によるビン・ラディン暗殺作戦については、
目星を付けた家に住んでいるのが、
そもそもターゲット本人かも分からない中で、

他国(パキスタン)の領空にヘリで侵入し、
家の上でホバリングしながら、
狙撃兵を下ろすという「決断」の裏側が、

実に詳細に描かれており、
「決断」とは何か、を理解するにはうってつけである。

また最終章における、
著者自身の「決断」の体験談から、

なぜ文学作品を読むことが有益なのか、
という話につながってゆくのが、

やや唐突感があるのは否めないが、
そこには著者による力強いメッセージを、
感じることができる。

単に科学や歴史の本として読むだけではなく、
ビジネスや人生において、
「決断」をせねばならない時の参考として、
なかなか有意義な内容だった。

本・読書カテゴリの最新記事