「フーガ書法:パリ音楽院の方式による」(山口 博史)

「フーガ書法:パリ音楽院の方式による」(山口 博史)

山口 博史 著「フーガ書法:パリ音楽院の方式による」(音楽之友社)
人類が生み出した音楽形式の中で、
最も美しく、かつ精緻であるものは、
フーガではないだろうか。

日々そのように思いつつ、
また、毎日フーガを弾きながら、

でも自分はフーガの「精緻」な部分、
つまりその構成理論を知らないことを引け目に感じ、

ここはひとつフーガを勉強しようじゃないかと、
数少ない日本語の書籍のひとつである本書を、
取り寄せてみた。

結論としては、よく分からないw

内容があまりにも、
「作曲」する立場の視点で書かれていて、
うーーん、ここまでの専門性は求めてなかった、
という感じかな。

130ページあまりの薄い本なのだが、
譜例が半分ぐらいを占めていて、
これで4,000円弱・・・高いよ!

フーガへのお布施ですな。

まぁ、理論はとりあえずいいや。

フーガは考えるのではなく、感じるもの。

本・読書カテゴリの最新記事