「火葬場」(浅香 勝輔 / 八木沢 壮一)

「火葬場」(浅香 勝輔 / 八木沢 壮一)

実家が火葬場(落合葬場)の近くだったため、
少年の頃の日々の記憶の景色には、
あの薄汚れて威圧感のある、
煙突の姿が象徴のようにこびり付いている。
(現在では近代化が進み、煙突はなくなっているらしい)

小学校への通学時はもちろん、
近所で遊ぶにも、
常にあの煙突は視界に入っていたので、

それが別に嫌な感じとか、
人の死と結びついているとか、
そんなネガティブな感覚は、
当時もなかったように思う。

どのような感情を持とうとも、
火葬場というのは、
人生において切っても切り離せない「場」であり、

それについて系統立てて考察することは、
民俗学的な価値が十分にあるというか、
誰かがしなくてはならないことだろう。

その意味でも、
昭和58年に出版されたこの『火葬場』は、
唯一無二の名著であることは疑いない。

火葬場の歴史から始まり、
利用する側、住民側の心象にスポットを当て、

建築・施設としての検証や、
日本各地の、そして海外の火葬事情を紹介し、

そして最終章では、
「火葬場とは平和な時代であってこそ、
その使命を全うできる」
という、

ここまで極めて客観的に筆を進めてきた、
著者の主観が現れる。

単に知識やデータとして火葬場を捉えるだけではなく、
人の生があっての死であり、
人の死があっての生であり、

そしてその転換点にあるのが、
「火葬場」あるいは「火葬」という行為なのではないかと、

色々と考えさせてくれる、
間違いなく名著であった。

本・読書カテゴリの最新記事