二月文楽公演「義経千本桜」

二月文楽公演「義経千本桜」

義経千本桜

「義経千本桜」をライブで観たのは初めてなんだけれど、うーん、この作品は見事ですね。

源平の合戦ではなく、その後日譚を舞台にし、
気付けば九朗判官よりも知盛の方へ感情移入してしまう、ストーリーの巧みさ。

「碇知盛」のクライマックス、

「・・・今際の名残に天皇も、見返り給ふ別れの門出 とどまるこなたは冥途の出船・・・」

なんてフレーズは、七五調に対句を盛り込み、短いながらも道行風にしているあたり、
いやー、これに感動できる日本人で良かった、、って思ってしまうわけです。
やはり微分、、ではなく、美文あっての浄るりです。

そして休憩を挟んでの「道行初音旅」。
吉田蓑助の人形遣の凄さを堪能できた。脱帽。

エンターテインメントカテゴリの最新記事