映画「アバター」

映画「アバター」
アバター

映画の話になると、必ずといっていいほど、
「アバター見た?」となるので、
遅ればせながらアバター体験しましたよ・・・、
深夜にひっそりと一人で・・・。

イイ役者のイイ演技というものは、
お金を出しても手に入れられないけれど、
こういう映画は、金と時間さえあれば、作れる。

その意味では、映画というより、ゲームかな・・・。

通常は何日もかけてクリアするRPGを、
3時間に凝縮しました、という感じ。

あるいは、1日いて5,000円のディズニーランドに、
3時間で2,100円払うカンジ・・・。

つまりは、エンターテイメントとしては楽しいし、
まさにディズニーランドのアトラクション的な感覚なんだけれども、
後に残るものが、何もない。

後に残るものが何もないというのは、
映画としてはやはり致命的なのであって、

これがアカデミーの作品賞をとらなくて、
よかったといえば、よかった。
※これが作品賞とったら、
映画って何?って議論になりますよ、絶対。

内容としては、スターウォーズとか、
マトリックス、ロードオブザリングなどなど、

過去の名作のエッセンスを”頂戴して”、
ほらこんなんができました、というもんで、
取り立てて語るべきものはなし。

ただ、映像はスゴイ。

だって間違いなく、高所恐怖症の人は、
この映画は見れないハズ。

そんな中でも、個人的に評価できるのは、
この作品に出てくるクリ―チャー達の描写。

舞台は架空の惑星なわけだけど、
そこに登場する生物達が多種多様で、
あぁ、確かにこの惑星ならこんな生態系になるよな・・・と、
納得させられる。

中でもワクワクだったのは、
主人公達が乗るイカツイ翼竜がいるのだけれども、

実は食物連鎖上、
さらにその上に君臨する翼竜がいたりして、

これはジュラシックパークも見習うべき、見事さ。

だからこの映画の「外伝」として、
あの星の生物にスポットを当てた、ジュラシックパーク的な作品ができないかなと、
密かな期待をしているわけで・・・。

まだ見ていない方は、3時間2,100円のテーマパークだと思って、是非どうぞ。

高いと思うか安いと思うかは、お任せしますが。

映画カテゴリの最新記事