映画「コララインとボタンの魔女」

映画「コララインとボタンの魔女」
コララインとボタンの魔女

実は先週観に行くつもりだったのだけれども、諸事情で行くことができず、
再チャレンジ。

最近のCGゴリゴリの映画よりも、こういうアニメの方が見ていて安心するのは、自分ももう若くないのか・・・

3Dアニメといえば、昨年末の『カールじいさんの空飛ぶ家』とどうしても比べてしまうが、

ピクサーファンの僕といえども、今回の『コラライン』の方が、3Dアニメとしてもストーリーとしても、
上であると認めざるを得ない。

同監督の『ナイトメア~』は、正直がっかりだった記憶がある。
でも、今回のは面白いです、本当に。

ストーリーとしては、ファンタジーというか童話の王道で、子供の頃に誰もが感じたことがあるような、
ワクワク感や恐怖感などをストレートに描きました、といった形。

ただ「恐怖感」の部分はかなり大人向けな「ブラック要素」を盛り込んでいるので、
逆に子供が観たら結構コワイ映画なんじゃないかな、これは・・・。

主人公の声を担当したのは、ダコタ・ファニング。
人気のある子役だけれども、個人的にはどうも表情が乏しいというか暗い気がして、イマイチ好きになれなかった。

しかし今回のコラライン役では、びっくりするぐらいの表情の豊かさ(声だけですが)で、
そんな一皮剥けた彼女を思い浮かべながらこの映画を観ると、一層楽しめる気がする。

映画カテゴリの最新記事