映画「裏切りのサーカス」

映画「裏切りのサーカス」

映画「裏切りのサーカス」

まずは、ゲイリー・オールドマンが老けたな、
というのが第一印象。

気づいたら爺さんになっているではありませんか。

かつてのあの「ギラギラ感」を消し去って、
こういう路線でいくのであれば、それもまたよし。

久々に、宇宙人が出ていない映画を見た。

硬派なスパイ映画で、
「犯人は誰でしょう」というもはやおなじみのパターンではあるけれども、
内容的には「並」かな。

本筋である犯人探しの部分は、
ラストの(反則的な)どんでん返しはあるものの、
まぁ納得できる範囲だけれども、

おそらく本筋とは関係のないストーリーが、
途中のところどころで挿入されて、
観る側としてはそれが大きなストレスとなり、
本筋の理解を妨げているような気がする。

原作は読んでないので分からないのだが、
おそらく小説ではその辺はクリアに描かれているのだろう。

「ユージュアル・サスペクツ」や「L.A.コンフィデンシャル」、
最近では「シャッター・アイランド」のような、
濃密なサスペンスとなっているとは言い難く、
評価は70点。

以下、ネタバレです。

つまり、全員「クロ」なんですね。
想定していなかったメンバーも含めて。

映画カテゴリの最新記事