映画「夢売るふたり」

映画「夢売るふたり」

映画「夢売るふたり」

邦画を見るのは、随分久しぶりだ。

詐欺を続ける夫婦と、騙される女たちの話。

東京の下町を舞台としていて、
そのジメジメとした感じが、
映画の内容ともうまくマッチしていたと思う。

阿部サダヲという俳優は最近売れているようだが、
今回、その演技を初めてまともに観た。

愛嬌のある顔立ちで人気があるのは納得したが、
細かい表情がうまくできておらず、
どうもぎこちない。

そのあたりは、テレビ出身の役者の方が巧いのではないか。

妻役の松たか子は、なかなかの熱演。
鬼気迫る感じがよく出ていた。

映画としては、断片的なエピソードをつなぎ合わせて、
ひとつのストーリーを作る形で、
なかなか雰囲気が出ていると思った。

映画カテゴリの最新記事