映画「コンティジョン」

映画「コンティジョン」

映画「コンティジョン」

耳慣れない単語だが、
「contigion」とは、「接触感染」という意味。

監督は、スティーブン・ソダーバーグ。

マーティン・スコセッシ、サー・リドリー・スコットと並ぶ、
僕の中での天才映画監督の一人。

「トラフィック」「オーシャンズ11」「ソラリス」「エリン・ブロコビッチ」・・・

ソダーバーグの名作を挙げたら、キリがない。

僕には、彼を批判する糸口すらない。天才だと思う。

さて、この「コンティジョン」。

例によって豪華キャスト。

マット・デイモン、グウィネス・パルトロウ、ケイト・ウィンスレット、マリオン・コティヤール、ジュード・ロウ、ローレンス・フィッシュパーン。

オスカー俳優4人を含む、各人がそれぞれ主役を張れるような、
ソダーバーグ作品ならではの、顔ぶれ。

ただ、キャストのお蔭で、作品の評価が3割増しになることもある。
ukiyobanare的には、そこは厳しくチェックしたい。

内容は単純明快。

原因不明の、恐怖のウィルスが世界中に拡散し、
それを防ごうとする人、感染してしまった人、感染者を家族にもつ人、
感染しそうな人、それぞれの立場・主張を描いた映画である。

パンデミックもの、ディザスターもの、あるいはゾンビもの、
恐怖が拡散し、人々を混乱に陥れる、というのは、
もはやハリウッド映画の定番のテーマである。

そんなテーマを扱いながらも、
一流の作品に仕上げてしまうのが、ソダーバーグの恐ろしいところだ。

映画には、必ずしも「伝えたいこと」があるとは限らない。

しかし、優れた作品は、作り手が意図していないにもかかわらず、
受け手に、「何か」を伝えてしまうものである。

この映画が(ソダーバーグが意図していたかどうかは別として)伝えたかったことは、
人と人とのつながり、コミュニケーションだろう。

ただし、そのコミュニケーションの手段は、
映画内で頻繁に登場する、
ブログでもfacebookでもケータイでもない。

「伝染病」なのだ。

ブログで1,000万人の読者を集めた?
そんなの関係ない。伝染病は、1か月で億単位のヒトに感染できる・・・。

これを、テクノロジーによるコミュニケーションに頼り切った、
現代文明への警告ととらえるのは、考えすぎだろうか。

電子より早く、ウィルスは伝染し、ヒトを感染する。

ジワジワと怖い作品である。

そして、ソダーバーグらしく、
最後にオチを付けることも、忘れてはいない。

これは余談だが、この作品を観ながら、
例の原発事故のことを思い出した。

目に見えない脅威の可能性、ネットで拡散する噂、
政府の後手後手の対応・・・。

何かと考えさせられる作品である。

久々に、ハイレベルな映画を観た気分になった。

映画カテゴリの最新記事