映画「風立ちぬ」

映画「風立ちぬ」
風立ちぬ

1日3連続鑑賞の第三弾。

1,000円dayの掟 その3 : 連続で観る場合も、食事時間は確保すべし。

何かと話題の、本作品。

わが道をゆくつもりのukiyobanareではありますが、
観てもいない作品をどうこう言うことはできないので、
この機会に観ることにしましたよ。

既に観た友人らの感想を聞いても、あまり芳しくなかったので、
正直、全然期待してなかった。

結論から言いましょうか、

素晴らしい作品じゃないですか!
これを評価できない人は、
映画を観る資格なし(`・ω・´)!

これは、ukiyobanare特有の皮肉でもなんでもないですよ。
いや、マジで感動しました、はい。

まず、作画が完璧。
丁寧に描き込んでます。good job!としかいいようがない。プロの仕事。

ストーリーについては、戦争の場面とかヒロインの死とかを、直接描かないじゃないですか。
それでもって、そのことを表現できるというのは、素晴らしいし、
あんまりこういうことは書きたくないけど、自然と、それが強烈な反戦のメッセージになるんですよね。

だから、これを観て、戦争を美化してる、とか言っちゃう人がいるとしたら、
もちろん感じ方は人それぞれで構わないのだけれど、
可哀想だな、と思う。想像力が足りないんだね。

一見、柔らかく描かれているようだけれども、
この主人公には、モノ作りに憑りつかれた悲劇がある。

ヒロインに対する彼の行動には、エゴからくるものではない、
根本的な残酷さがある。

あまりに仕事に情熱を向けすぎてしまったゆえの、残酷さ。
本人はもちろん気付いていない。
ヒロインは気付いているのだろうけれど、それを悟られないように、
夫の前から去る。

実はここは、極めて重大なテーマだと思うのだけれども、
あくまでも「飛行機作り」という部分に力点を置いて、無闇矢鱈に、スポットを当てすぎない、
そんな憎い配慮が、この作品をさらに高めている。

ただ、唯一、重大な欠点をあげるとすれば、
主人公の声優(庵野秀明)がヒドすぎた・・・。

プロの声優を使いたくないというポリシーは理解できるが、
そこはせめて俳優を使ってほしい。

素人のおっさんを使ってしまっては、折角の名作が台無しだ。

スタジオジブリは、プロの声優で本作を再録すべし

ということを、文字だけではなく、声を大にして言いたい。叫びたい。

ホント、勿体無い。

さて(^^)、
僕の隣には、関西人のおっちゃんが座ってました。
その隣には、彼の友達であろう黒人さんが座ってました。

関西人のおっちゃんは、さすが関西人というべきか、何かあるごとにツッコミを入れるんですね。

劇中で人物が「あれ見て!」とか言うと、「なになに?」とか言うし、
人物がお辞儀すると、自分もお辞儀するし。

極め付けは、主人公がヒロインに向かって、「結婚してください」って言ったときに、
ヒロインが答える前に、そのおっちゃんが大声で(たぶんドヤ顔で)「はい」って言ったこと。

そこで僕のイライラ感はピークに達したわけですが、
二人が(そのおっさん二人ではなく、登場人物二人です)めでたく結ばれたときに、

「ホンマに良かったなぁ・・・」と言って、リアルに泣き始めたときに、
僕も思わず許しちゃいました。

エンドロールの間も、二人は泣き続けていたのですが、
明るくなって席を立つときに、黒人さんの方が、泣きながら、
「ラーメン食べたい」
と言っていたのには、???でしたが・・・。

適正価格:2,500円

映画カテゴリの最新記事