映画「グランド・ブダペスト・ホテル」

映画「グランド・ブダペスト・ホテル」
グランド・ブダペスト・ホテル

第一印象は、
ひと昔前のヨーロッパ映画みたいだなぁ、というもの。

それもそのはず、あとで調べてみたら、
ドイツとイギリスの合作映画とのことだ。

ヨーロッパ映画独特の、
あの浅くゆる~いカンジが好きな人にはいいのかもしれない。

何気に残酷なシーンとかもあるんだけど、
ベース部分にコメディ要素があるので、カラッとしている。

ストーリーとしては、ホテルをめぐるドタバタ劇で、
一応サスペンス風に仕立ててあるのだけれど、
ハリウッド映画の感覚を期待してはいけない。

まぁ、おしゃれな冒険コメディといった感じですかね。
(でも、最初の15分ぐらいは、結構眠くなる。。)

特筆すべきは、キャストが超豪華。

ジュード・ロウ、エドワード・ノートン、ウィレム・デフォー、ハーヴェイ・カイテル、ジェフ・ゴールドブラム、
といった実力派俳優の演技は、
表情ひとつ見ていても楽しいし、安心できる。

あとは、舞台となるホテルなどのセットが、
「レトロかわいい」ので、
女性ウケは良いのではないだろうか。

でも僕のようなアラフォーおやじには、
やはりちょっと刺激というか深みが足りない、
というのが正直なところ。

適正価格:1,500円

映画カテゴリの最新記事