映画「アナと雪の女王」

映画「アナと雪の女王」
アナと雪の女王

遅ればせながら、動画配信で視聴。

あまりにもヒットしすぎたせいもあって、
賛否両論あるみたいだけれども、

いわゆるおとぎ話、いわゆるディズニー映画の典型の作品で、
そういった視点で見れば、
褒めるべきところはあっても、難点は特に見当たらない。

逆にいえば、王道すぎて目新しい点がないぐらいなのだけれども、
それでも大ヒットしてしまうのだから、
制作・配給としては、ちょっと意外だったのではないだろうか。

テーマとしては二人の少女が、壁を打ち破って大人になってゆく、というよくあるものだが、
「アナと雪の女王」という邦題は、

二人の姉妹のうち、一方(アナ)にのみ人格をもたせているようで、
そこのバランス感が少し気になった。

あとは、例の歌かな。

すべてが解決した場面の高揚感の中で歌われるのかと思いきや、
エルサが開き直って、結果として人々に迷惑をかけることになる場面で歌われるのですね。。

そこがこの映画の中で、唯一納得がいかなかったというか、
むず痒かった点。

まぁ、それだけ歌のイメージが先行しすぎていたということもあるけど。

ディズニー王道の映画と書いたけれども、
果たしてこれが、白雪姫やシンデレラといったクラシック作品と肩を並べられるかと言われれば、
正直疑問。

でも、たとえて言うなら「水戸黄門」的なステレオタイプの安心感の中で観られるというメリットは、
実は何物にも替え難い。
だから、最低限、見ても後悔はしない作品だとは思う。

適正価格:2,000円

映画カテゴリの最新記事