映画「チャイルド44 森に消えた子供たち」

映画「チャイルド44 森に消えた子供たち」
映画「チャイルド44 森に消えた子供たち」

 

1950年代、スターリン政権下の社会の闇部分を描いたミステリー小説を原作とした映画。

44人もの子供を虐殺する犯人と、犯人を追いつめる捜査官、
ストーリーも雰囲気も、「羊たちの沈黙」を彷彿とさせるのだけれども、

この作品の優れている点は、それを単なる血腥いミステリーにするのではなく、
ソ連社会の矛盾の中で生きる人々を通して描いているという点。

ハリウッド映画にあるような、米vsソ連という図式ではなく、
完全にソ連の社会にどっぷりと浸かった形になっている。

そこが重いし、暗い(良い意味で)。

この記事を書いているちょうど今日、
ディカプリオがオスカーを取った話題の「レヴェナント: 蘇えりし者」にも出演している、
主演のトム・ハーディの、いかにもソ連の将校といった風格はさすがだし、

脇を固める、ゲイリー・オールドマンやヴァンサン・カッセルも、
名優の名に恥じない安定の演技。

エグいシーンがあるわけでも、謎解き要素があるわけでもなく、
でも物語の世界観にズブズブと引きこまれていく感覚は、
最近の映画だと結構珍しいかもしれない。

久々に硬派なサスペンスを観たという印象。

そしてクレジットを見ると、これも製作がサー・リドリーなのか・・。
道理で隙がないのも、納得がいった。

適正価格:2,100円(劇場換算)

映画カテゴリの最新記事