映画「インタープラネット」

映画「インタープラネット」
映画「インタープラネット」

 

近所のTSUTAYAで、
ずっと貸出中だったものだから、

SF好きとしては、
何としてでも見たかった。

そして先日、
ついにそのチャンスはやってきた!

もちろん「まともな」期待などはしていない。

あくまでも、
あっぱれなB級映画として楽しませて欲しい、

そんな期待に小躍りしながら、
再生を開始したわけだが・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・
ちがう、
これはB級映画なんかじゃない。

こいつは正真正銘のポンコツ映画だ!!!

「B級映画」というものが、
確固たる地位を築いてしまった今となっては、

それ以下の作品を、
「C級映画」だとか「Z級映画」だとかいってもキリがない。

こういうB級になり損ねたやつどもは、
「ポンコツ映画」と呼ぼうではないか。

何がヒドイかって、
ストーリーが全然分からないのよ。

脚本がよくないとか、
そういうレベルじゃなくて、

これを作ったやつは、
100ページ以上の物語を読んだことはないのか?というレベル。

B級映画というものは、
単純明快でなくてはならない。

その単純さの中に、
キラリと光るバカバカしさがあるのであって、

それを不必要に複雑にして、
バカバカしさを殺してしまい、
もちろん深みもなく、

そんなものは、
ポンコツ以外の何物でもないのである。

別に、主人公がエイリアンに憑依されて、
ピンチになるとエイリアンに変身するとか、

そんなものは、
百歩譲ってデビルマンのパロディだと思えば、
ガマンできるのだけれど、

時間の進み方が早いとか、
実は科学者による実験?だか罠?だったみたいな、

よく分からないプロットを無責任に投げ込んでこられては、
ポカーンとするほかない。

結局、最後まで、
主人公を含めた人物に対して、

「で、オマエさんは何でここにいるんだっけ?」

というモヤモヤは拭えないし、

いや、それを拭おうという気にもなれないし、
・・・もう、語るのもアホくさ。

今後、これを下回る作品に出会えるかどうか、
それだけが楽しみである。

適正価格:-1,000円(酒がマズくなったから、酒代カエセ!!)

映画カテゴリの最新記事