映画「クリミナル 2人の記憶を持つ男」

映画「クリミナル 2人の記憶を持つ男」

映画「クリミナル 2人の記憶を持つ男」

CIAの捜査官が、敵の拷問で死亡してしまう。

死体の脳から記憶を取り出し、
別人に植え付けて事件を解決するというアクション映画。

記憶を植え付けられた囚人役にケヴィン・コスナー、
CIAのお偉いさんにゲイリー・オールドマン、
記憶移植技術を持つ博士にトミー・リー・ジョーンズ、

と、そこそこ名の知れたキャスティングは見所のひとつ。

これは完全に個人的な感想ですが、
ケヴィン・コスナーという役者はどうも好きになれない。

ストーリーとしては、「フェイス・オフ」的なスリルもあるし、
ゲイリー・オールドマンの熱演もいつも通りなのだけど、
どうもコスナーさんには感情移入できないんだなぁ。

たぶん、ブルース・ウィリスあたりなら、
めっちゃ適役だったと思うのだけれども。

故・CIA捜査官の妻役は、
最近活躍中の美人女優ガル・ガドット。

こんな美人の奥さんが、
亡くなった旦那の記憶をもっているというだけで、

囚人のおっさんを家に泊めるというのは、
かなりムリがあるし、

CIAの記憶を移植されたといっても、
そもそもが囚人なので、
素行の悪さが目立ってしまい、嫌悪感が先立ってしまう。

ということで、
何となく、ケヴィン・コスナー、アゲ↑↑
みたいな脚本が鼻につくのが、大幅な減点。

適正価格(劇場換算):1,000円

映画カテゴリの最新記事