映画「パッチ・オブ・フォグ 偽りの友人」

映画「パッチ・オブ・フォグ 偽りの友人」

映画「パッチ・オブ・フォグ 偽りの友人」

「男に付きまとう男」を描いた異色のスリラー。

性的な要素が(ほとんど)ない、
男に対する男のストーカーという点が、
この映画の「キモチワルサ」のポイントとなっている。

主人公のサンディは売れっ子作家だが、
万引きがやめられないという病気(?)を抱えている。

ある日、万引き現場を警備員のロバートに捕まってしまい、
警察に通報されることだけは許してもらうが、
それ以来、ロバートによるストーカー行為が開始される。

お互いに相手の弱みを握っては優位に立ち、
逆に弱みを握られては懇願し、

まるで中学生のカップルのやり取りを見ているかのような、
苛立たしさと馬鹿馬鹿しさを感じるのが、
普通のスリラーとは違う、新次元の気味悪さというか。

作家にしては冴えないサンディの秘密も、
クライマックスで明らかにされるが、

でもラストはちょっと間抜けすぎるというか、
あぁ、結局はお似合いのお友達だったのね、、と。

共感できるタイプの役者をキャスティングしているわけでもなく、
サンディとロバート役も、
次第に昂ぶってくる心理的ストレスを上手く演じていて、
その辺りは、B級映画ならではの醍醐味だろう。

鑑賞後もそれほど不快感は残らないし、
かといって深い感慨も残らないし、
毒にも薬にもならないと言えばそれまでだが、

男性諸君には是非一度見てもらって、
このムズムズ感のようなものを味わってほしいかも。

適正価格(劇場換算):1,400円

映画カテゴリの最新記事