映画「インターセクション」

映画「インターセクション」

映画「インターセクション」

リュック・ベッソン製作の2013年のフランス映画。

金融成金で、妻を支配したがるモラハラ夫と、
お金は大好きだけど、夫を愛しておらず、
不倫相手と夫の殺害を企てる魔性の妻。

どちらに肩入れするかによって、
この映画の感想は変わるかと。

さて、ストーリーを紹介すると、

その夫婦がモロッコにハネムーンに行くわけだが、
夫の殺害計画は失敗におわり、

夫婦および妻の不倫相手は、
お互い車が大破、砂漠の真ん中に取り残されてしまう。

そこに居合わせた護送中の犯罪者や、
謎の女、そして後からやってきた謎の男。

極限状態の中で、
素性を知らない者同士の探り合いが行われ、

最終的には二人が死亡、
生き残った面々は修理した車で何とか砂漠を脱出する。

ここまでで全体の3分の2。

残りの3分の1は、モロッコ市街地でのやり取りとなるが、
それぞれの人物の素性が徐々に暴かれていき、
最終的には、1人が殺され、1人が捕まり・・・。

砂漠の場面で、それほどサバイバル感が強くなかったり、
妻役がそんなに「悪い女」に見えなかったり、

ディテールの粗さは目立つものの、
全体的には及第点かな。

ただ冒頭に述べたように、
主人公夫婦のどちらに感情移入するかによって、

ラストシーンがカタルシスになるか不快感になるかが、
大きく違ってくる。

ちなみに僕としては、
ラストはまったくスカッとしなかったw

明らかに、夫婦のうち最後に生き残った方が、
悪い奴だと思うのだが。。

まぁそうやって意見が割れるのも、
映画を観る楽しみのひとつということで。

適正価格(劇場換算):1,400円

映画カテゴリの最新記事