映画「KEY(キー) / 死体の中の遺留品」

映画「KEY(キー) / 死体の中の遺留品」

映画「KEY(キー) / 死体の中の遺留品」

思わせぶりなシーンが続くだけで、
中身は薄っぺらいサスペンス・スリラー。

2年前に妻を何者かに殺害された、検死官の主人公。

ある日、解剖した死体の中から古風な鍵が見つかり、
以後、不思議な事件に巻き込まれていく、、というお話。

どうやらその鍵が呪われているらしく、
それを持った人は精神に異常をきたす、
というのがこの話のすべてなのだけれど、

んー、そういう超常現象をネタにするのであれば、
もっと振り切った内容にした方が良かったと思うし、

この映画のように、中途半端に犯人捜しサスペンス風を装うのであれば、
超常現象が絡んでいる時点で、興味は半減してしまう。

なぜならば、次々に起きる事件や人物たちの行動に、
関連性も必然性もなく、
単にそれは「鍵の呪い」ということで片づけられてしまうから。

ヒエロニムス・ボスの絵画が絡んでいると知って、
どういう使われ方をされているのか楽しみだったのだけれども、
そちらも、かなりイマイチ。

キャストにもあまり魅力がなく、
まぁ残念な一本かな。

適正価格(劇場換算):900円

映画カテゴリの最新記事