映画「長い裏切りの短い物語」

映画「長い裏切りの短い物語」

映画「長い裏切りの短い物語」

銀行を舞台にした、イタリア発の金融サスペンス映画。

うーーむ、正直よく分からん。

イタリア映画だというだけでテンションが上がり、
途中、南米の「ケナダ」というところにいくまでは、
ラテン的なノリで楽しいのだけれども、
そこから先はグダグダ。

まぁ、脚本でしょうな。
脚本がいい加減だから、作品として成り立ってない。

ところで、「ケナダ」ってどこだ?

大統領閣下による、「永遠の春」という名の国にようこそ、
みたいな台詞があるのだが、

グアテマラ?ボリビア?エクアドル?

ボリビアの由来は人名だし、エクアドルは「赤道」だし、
でも塩湖が出てくるのでボリビアっぽいし、、、、
これもよく分からん。

そして、銀行のトップを務める女性が、
割と誰とでも寝るという設定なのも、
果たして必要なのかどうか、これもよく分からん。

映像とか、カメラワークはヨーロッパ映画っぽくて好きなのだが、
ストーリーが残念すぎる作品でした。

適正価格(劇場換算):1,100円

映画カテゴリの最新記事