映画「ブレイン・ゲーム」

映画「ブレイン・ゲーム」

映画「ブレイン・ゲーム」

2015年のアメリカ映画。

原題は「Solace」(慰め)なのだが、
「ブレイン・ゲーム」などというタイトルが付けられたせいで、
安っぽい印象を受けてしまいがちだけれども、
実際はかなり重めのサスペンス・スリラー。

ただ、この作品にはひとつ大きな問題点があって、
それは事件を解決する側、そして犯人までもが、

「過去や未来を見れる超能力者」

だということだ。

それによるストーリーや脚本の破綻はないが、
この非現実的な設定を、嫌う人はいると思う。

ざっとストーリーを紹介しておくと、

不可解な連続殺人事件にFBIはお手上げとなり、
今は隠居中の「超能力者」、
ジョン博士(アンソニー・ホプキンス)に捜査協力を依頼する。

捜査を進めるうちにジョン博士は、
犯人(コリン・ファレル)が、
自分以上の超能力の持ち主であることを知り、
一度は捜査から降りる気になるが、

友人の捜査官が撃たれ、
さらにある晩、目の前に犯人が現れ、
犯行の目的などを聞かされるうちに、

博士は戦うことを決断、
遂に犯人を追い詰めるのだが…。

超能力というSF要素と、
猟奇殺人事件というサスペンス・スリラー要素、

そこにさらに、家族とか尊厳死といった、
シリアスなテーマのドラマ要素までが加わって、

なかなか奥行きのある作品に仕上がっていると思う。

あとは何といっても、
名優、アンソニー・ホプキンスの存在が大きいでしょうね。

どこかでも書いた気がするけれど、
眼力で演技するとは、まさにこのこと。

上述した3要素の絡み合う難しい役回りを、
見事に演じている。

もともとは『セブン』の続編として構想されていたようで、
なるほど雰囲気は似ているし、
『羊たちの沈黙』とか(あれもアンソニー・ホプキンスか)好きな人には、
おすすめしたい。

適正価格(劇場換算):1,600円

映画カテゴリの最新記事