映画「彼が二度愛したS」

映画「彼が二度愛したS」

ヒュー・ジャックマン&ユアン・マクレガー主演、映画「彼が二度愛したS」
2008年・アメリカのサスペンス映画。

原題は「Deception」なのだが、
この邦題はちょっとセンスがない。

真面目な会計士のジョナサン(ユアン・マクレガー)は、
仕事先で知り合ったワイアット(ヒュー・ジャックマン)と意気投合するが、

お互いのケータイを間違えて持ち帰ってしまい、
ワイアット宛の謎の電話が掛かってくるようになる。

ある夜、電話主の指定するホテルに行ってみると、
それは「エリート」達が集まる秘密の愛人クラブで、

ジョナサンは、一夜限りの女性との関係に、
ハマり込んでいってしまう。

やがて、そこで出会った「S」という女性に、
恋をしてしまったジョナサンは、クラブの規則を破り、
彼女と個人的に会うようになるが、

ホテルの一室で、ジョナサンが目を離した隙に、
彼女は行方不明、
自分は何者かに怪我を負わされ、
そこから何者かに脅しをかけられることになる・・・

というストーリー。

(ここからは若干ネタバレ)

実はすべてはワイアットが仕組んだ罠であり、
ワイアットは会計士であるジョナサンを利用して、

企業の不正な金を、
横領しようとしていたということなのが、

ヒュー・ジャックマンが、
珍しく悪役を演じているのと、

「真面目な」会計士が、
色欲に溺れて人間が変わっていく描写や、

更には脅されながら、
悪事に手を染めざるを得ないシーンでの心の揺れ具合、

といったあたりが、
この映画の見どころかな。

上質なサスペンスとは言い難いが、
キャストのお陰もあって、
可もなく不可もなく、といったところか。

最近は、何度も一時停止したり、
巻き戻ったりしながら考えさせられる、
小難しいサスペンスが割と多いけれども、

あまり頭を使うことなく、
サラッと観れるのは間違いない。

適正価格(劇場換算):1,400円

映画カテゴリの最新記事