映画「ジョニー・イングリッシュ」

映画「ジョニー・イングリッシュ」

ローワン・アトキンソン主演、映画「ジョニー・イングリッシュ」
お馴染みMr.ビーンこと、
ローワン・アトキンソン主演の、
「007」シリーズをネタにしたパロディ。

2作目・3作目は、既にこのブログでも紹介済みで、
これは第1作目。

うん、細部まで凝ってるし、
よく出来てますよね。

ストーリーとしてはちょっと重たくて、
フランスの富豪が英国王になろうとするのを、
阻止するという話なんだけど、

世界史の授業で習った方も多いとは思いますが、
ヨーロッパの王室というのは、
各国入り乱れての王権の奪い合いなわけで、

我が国のような平和な(?)皇室とは、
違うわけです。

特にイギリス王室といえば、
血腥い事件もあったり、
異民族に奪われたこともあったり、
さらにそこに宗教事情もプラスされ、

昨今のEU離脱と合わせて考えると、
なかなか複雑な事情と国民感情があるのではないか、と。

でもそれを堂々とネタにしてしまうのが、
この映画の凄いところ。

日本だったら、
「天皇家が中国人(あるいは韓国人)に乗っ取られる!」
みたいな映画は、おそらく審査が通らないでしょう。

とはいえ、この映画は、
英国による愛国精神溢れた映画で、

例えば主人公が、
「フランス人は侵略された時の案内役ホストがお似合いだ」
なんて言ってしまうあたりは、

ここまで言っていいの!?
と思ってしまうが、

この映画の公開は2003年、
この辺りから既に、
Brexitの兆候は始まっていたのか。。。

とまぁ、
色々なことを考えさせてくれる映画ではあるけれども、
単純におバカ映画として観ても楽しめます。

適正価格(劇場換算):1,500円

映画カテゴリの最新記事