映画「ナイブズ・アウト / 名探偵と刃の館の秘密」

映画「ナイブズ・アウト / 名探偵と刃の館の秘密」

ダニエル・クレイグ主演、映画「ナイブズ・アウト / 名探偵と刃の館の秘密」

2019年のアメリカ映画。

「スター・ウォーズ / 最後のジェダイ」と同じ、
ライアン・ジョンソンによる監督・脚本。

内容は、
(良い意味で)古い推理小説のような、
殺人事件を題材にしたミステリーで、

所々にコメディ要素も散りばめられていて、
小気味よいテンポで楽しめる。

舞台は郊外にある屋敷。

そこに住む富豪が、
ある朝遺体で発見される。

当初は自殺ではないかと思われたが、
謎の人物から依頼を受けた、
「名探偵ブラン」(ダニエル・クレイグ)が登場し、
殺人事件として調査を始める。

どうやら被害者の莫大な遺産をめぐり、
その子供たちや孫たちの間には、
一筋縄ではいかない溝があるようで、
一体誰が、どのようにして殺したのか。

果たして、名探偵の推理は…。

実は前半で、
犯人(?)の回想により種明かしされてしまい、

なんだ、、最初からネタバレ系か…と、
興を削がれたように思って観ていたのだが、

さすがにそれで終わるはずもなく、
途中から思いも寄らぬ展開となっていき、

実は事件の背後には、
謎の人物と、想定外のトリックがあることが、
明らかになるという仕掛け。

賛否両論はあると思うが、
個人的にお気に入りのポイントは下記のとおり。

・屋敷での殺人事件と、
それに挑む探偵という設定は、

推理小説のお決まりパターンであって、
ミステリ好きにはたまらない。

・劇中の重要人物である、
被害者の看護師の視点で展開するので、

ストーリーも追いやすいし、
非常に観やすい構成になっている(ここ、重要)。

・「I know what you did.」という脅迫状など、
「分かる人には分かる」、
過去の映画のオマージュ等が散りばめられていて、
映画ファンの好奇心を満たしてくれる。

・「007シリーズ」の最新作が、
コロナ禍で上演延期となっているため、
ダニエル・クレイグの演技が観られる。
(ただ、ボンドと違って、
ちょっとクセのある探偵役)

・最重要のトリックは、
小道具を使ったシンプルなものなのだが、

あぁ、なるほど、、
と思わせてくれるなかなかのもので、
まさに、Simple is best.

・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
もちろん、若干えー、、
というシーンはあるものの、

謎解きの楽しさと、
ハラハラ・ドキドキ感(死語)が楽しめる、
上質なエンターテインメントでしょう。

ちなみに、タイトルの「ナイヴズ・アウト」の意味は、
最後の最後のシーンで明らかになる。

適正価格(劇場換算):1,800円

映画カテゴリの最新記事