映画「マスター・プラン」

映画「マスター・プラン」

映画「マスター・プラン」

1994年のスウェーデン映画。

自動車泥棒のチャールズは、
ある日、ふと見かけたジャガーの新車を、
計画はしていなかったが、盗むこととなる。

ところが、それはとある銀行の女頭取の車で、
車内にあった、銀行の秘密情報満載のPCのために、
相棒が殺されてしまう。

復讐を決めたチャールズは、
銀行の秘密の暴露と、金庫にある大金を盗み出すために、

詐欺・金庫破り・爆破、それぞれにおけるプロ達を仲間に誘い、
綿密な計画を立てて銀行に忍び込むのだが・・・

というお話。

ところどころウィットに富んだやり取りがあって、
内容的にも、スウェーデン版「オーシャンズ11」って感じかな。

90分の中でテンポ良く進んで飽きはしないが、
かといって特に褒めるべき点があるわけでもなく、

外出自粛の今の時期なら、まぁ観てもいいんじゃない?
というレベル。

家に居てモヤモヤしている人は、
多少なりともスカッとするかな・・?

ただ、銀行が手を染めていた、
マネロンとかの悪事を詳しく描いていれば、

もう少し奥行きのあるというか、
大人度の高い作品になっていたかもしれない。

ちなみに、
主人公たちが盗もうとしていた5億クローナというのは、

2020年4月12日現在のレートで換算すると、
約55億円。

適正価格(劇場換算):1,300円

映画カテゴリの最新記事