映画「パーフェクト・プラン 完全なる犯罪計画」

映画「パーフェクト・プラン 完全なる犯罪計画」

映画「パーフェクト・プラン 完全なる犯罪計画」

2011年のアメリカ映画。

トークは冴えるけれど、
私生活はうまくいかない保険販売営業マンが、

とある顧客を騙して、
高価なヴァイオリンを手に入れようとするが、

思わぬ犯罪に巻き込まれてしまい、
二転三転する状況に奮闘するお話。

前半はコメディタッチで軽快に進むが、
ある事件をきっかけとして、
サスペンス色が強くなり、

そして最後の10分で、
大胆な伏線の回収が待っていて、
思わず、やられた!と叫びたくなる。

テンポの良さ、ストーリーの起伏、
人物キャラクターの魅力、
そして最後のドンデン返し・・・

見所十分で最初から最後まで飽きさせず、

コメディー&サスペンスという、
一見すると両立しなさそうな要素を、
うまくハイブリッドさせたなかなかの秀作だった。

特に主人公の保険営業マンが、
仕事はできるけれど、

妻にも見放され、カードも停止され、、
という「ダメ男」の設定なのが、
どこか憎めず、親近感が沸く。

適正価格(劇場換算):1,500円

映画カテゴリの最新記事