映画「本当の目的」

映画「本当の目的」

映画「本当の目的」
2015年の、マケドニア・コソボ合作映画。

バルカン半島近辺の、
日本からは最も馴染みの薄い地域のひとつということもあり、
興味をもって鑑賞した。

売春婦のマリカは、
正当防衛で客を殺してしまい、
列車へと逃げ込む。

そこで同席した女性のヤナを頼り、
ヤナの住む小さな村で過ごすこととなる。

やがてマリカの素性がバレることになるが、
ほぼ同時に、ヤナの過去の秘密も明らかとなり、

暗い過去を背負った女性二人の間に、
不思議な友情が芽生えることになる。

警官を含めた、
村の少ない住民とヤナ・マリカの駆け引き、
そしてヤナの過去に対する復讐、

これらが緊張感をもって描かれ、
見応え十分な、いかにもヨーロッパ映画。

タイトルの「本当の目的」というのは、
ヤナがなぜ村へと帰ってきたのかを暗示していて、

あーなるほどと、
それほど込み入ったストーリーではない分、
スッと納得できる。

全体として重い雰囲気ではあるものの、
最後にカタルシスがあることで、
ちょっと気が楽になるかな。

途中、登場人物が、
「ラキア」という酒を飲むシーンがあるのだけれども、

調べてみたところ、
東欧特有の蒸留酒(ブランデーの一種)ということらしい。

通販で扱っている店を見つけたので、
近々その感想も報告しようと思う。

適正価格(劇場換算):1,600円

映画カテゴリの最新記事