映画「すばらしき映画音楽たち」

映画「すばらしき映画音楽たち」

映画「すばらしき映画音楽たち」
映画好き、音楽好き、そして映画音楽好きには、
是非観てほしい作品。

無声音楽のスクリーンの前でオルガンを弾いていた時代から、
オーケストラの時代を経て、電子音楽に至るまで、
映画音楽の歴史を辿りながら、

作曲者、編曲者、プロデューサー、演奏者、
オーケストレーター、ミキサー、エンジニア、

映画音楽に携わるあらゆる分野の人たちのインタヴューをメインに、
映画音楽の素晴らしさを、
とことん語り尽くしたドキュメンタリーである。

オペラ、ミュージカル、バレエ、能楽、浄瑠璃、歌舞伎など、
古今東西、劇と音楽とは一体であったわけだが、

映画というジャンルでは、
音楽がどのように劇を引き立たせ、
また逆に、劇がどのように音楽を聴かせるのか。

ディズニー映画は言うに及ばず、
「ジョーズ」「スターウォーズ」「スーパーマン」
「タイタニック」「ジュラシックパーク」「007シリーズ」等、
優れた映画には、例外なく優れた音楽が、共にあった。

それらの誕生秘話や、完成までの苦労話、
そして聴き手に与える感動の理由などなど、
最初から最後まで、すべてが見所で語り尽くせない。

エンドロールの途中から、
あのジェームズ・キャメロンが、
「タイタニック」の音楽について語るシーンがあるのだが、

なんだろう、陳腐な感動を狙った挿話とは分かっていつつも、
あぁ、音楽ってこういうものだよね、と、
素直に納得させられてしまう。

配給会社の枠を超えて、
「音楽」というキーワードで映画の楽しさを描いた良作。

適正価格(劇場換算):2,000円

映画カテゴリの最新記事