映画「スパイ・ミッション シリアの陰謀」

映画「スパイ・ミッション シリアの陰謀」

映画「スパイ・ミッション シリアの陰謀」

2017年のイギリス映画。

シリアの首都ダマスカスを舞台にした、
イスラエルのスパイの活躍を描くという、
かなり異色の作品。

スパイ映画といっても、
あのシリーズやあのシリーズのように、

非現実的なスパイ・グッズが出てくるわけでもなく、
また物語の時代設定も、
ベルリンの壁崩壊時ということで、

ケータイはおろか、
インターネットすら出てこず、

昔ながらというか、
ある意味かなり硬派な出来となっている。

ストーリーとしては、
イスラエルのスパイ組織「モサド」に所属する、
主人公のアリが、

ドイツの実業家のフリをしてシリアに潜入し、
エンジェルと呼ばれる仲間を救い出すというものだが、

騙し騙され、
そしてラストにもドンデン返しがあって、
なかなか凝った脚本かと。

それにしても、
スパイが女たらしとして描かれるのは、
もはやお約束(?)なのと、

シリアって国は、
政治的・民族的・宗教的、そして地理的にも、

非常ーーに、複雑というか、
いま世界で一番不可解な地域のひとつ、
と言っても良いだろう。

そんなシリアを舞台にした意欲作というだけでも、
一見の価値はあると思われる。

適正価格(劇場換算):1,500円

映画カテゴリの最新記事