映画「スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」

映画「スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」

映画「スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」

最初に公開された、
いわゆるエピソード4から40年以上の歳月をかけて、

ようやくこの9部作の物語が、
これで完結したわけであるが、

最初の3部作が名作であることは言わずもがな、
その前日譚を描いた、続く3部作(エピソード1~3)も、
物語としての必然性はあったし、
さすがはルーカスが監督をしただけのことはあった。

そして今回、最後の3部作を見終って思ったことは、
まさに蛇足とはこのことか、と。

そもそもJ・J・エイブラムスが監督をしている時点で、
作品の方向性ほ予想はできたのではあるが、

結局は、旧来のスターウォーズを換骨奪胎して、
「おいしいシーン」ばかりをつなぎ合わせるとこうなりました的な、

確かにスターウォーズファンからすれば、
それはそれで楽しいだろうし、
ストーリーも完結してめでたしめでたし、なんだろうけれど、

この大シリーズの完結編としては、
お粗末すぎる出来映え。

別の監督だった、前作(エピソード8)の方がまだ見所はあった。

まぁこれは監督のせいというよりも、
やはりルーカスが、6部作でこのストーリーは終わりだ、
と判断したのが正しかったわけで、

ディズニーだろうが松竹だろうが、
どこが続けていても、やはり蛇足だったんだろうな、と。

今作の中身の話に触れておくと、
相変わらず、カイロ・レンがレイに付きまとう話がメイン。

カイロ・レン役のアダム・ドライバーの見た目(顔と二重顎)と、
優柔不断さとか粘着質なところとか、

そもそも悪役がこれという時点で、
このシリーズは失敗なんだよなぁ。

ダースベイダーのような圧倒的な「悪感」がない。

それがこのシリーズの特徴といえばそれまでなんだけど、
でもそれはもはや、スターウォーズではないわけで。

であとは、チャンバラシーンが飽きるほどあって、
敵の母艦に潜入して仲間を救出して、
星が爆破されてレジスタンスが決起して、
敵の弱点を突くもピンチに陥り、
でもどこからか援軍がやってきて、
その間にジェダイたちはチャンバラしていて・・

という、上に述べたとおりの、お決まりの展開。

あえて擁護するならば、
シリーズの完結作として、
伏線を回収するかのように旧作の要素をちりばめて、
きっちりとオチを付ける必要があったというか、
それがスター・ウォーズへのリスペクトだったということでしょう。

とりあえず、
激動のシリーズを生き抜いたチューバッカ先生には、
おつかれさま、と言ってあげたい。

適正価格(劇場換算):1,400円

映画カテゴリの最新記事