映画「タイムリミット 見知らぬ影」

映画「タイムリミット 見知らぬ影」

映画「タイムリミット 見知らぬ影」
2018年のドイツ映画。

いわゆる「不条理サスペンス」なのかな、
いやぁ、かなりの良作です。

娘と息子を車に載せて、学校へ送る父親、
というよくある日常。

けれども、そこに見知らぬ着信が入り、

「車に爆弾を仕掛けた。座席を立ったら爆発する」

と。

そこからは、さぁ大変。

犯人の要求どおりに、
会社役員に電話しまくって金を調達したり、

妻の浮気を知った挙げ句、
警察に包囲されたり、

その警察には自分が犯人だと思われて、
説得されたり、狙撃班に狙われたり。

全編に渡って緊張感が持続する中で、
家族の絆とか、家族の絆とか、
いろいろ考えさせられるシーンもあり。

結局は、妻は他人、
子供は身内、ということなのかなぁ。

うーーん、子供がいないから分からん。

まぁ、難しいことは抜きにしても、
ハラハラドキドキ感(死語)だけでも、
十分楽しめるし、

昨今の色々とこねくり回す映画よりも、
こういうストレートなストーリーの方が、
のめり込めるかもしれませんね。

ズバリ、これはオススメ。

適正価格(劇場換算):2,000円

映画カテゴリの最新記事