映画「カラー・アウト・オブ・スペース 遭遇」

映画「カラー・アウト・オブ・スペース 遭遇」

ニコラス・ケイジ 主演、映画「カラー・アウト・オブ・スペース 遭遇」
2019年、ポルトガル・アメリカ・マレーシア合作の、
ホラーテイストのSF映画。

原作はラヴクラフトということで、
その小説は読んでないので申し訳ないが、

感想を端的に述べるならば、
「何じゃこりゃ」。

田舎で平和に暮らす、
ニコラス・ケイジ演じる主人公一家。

ある晩、庭に隕石のようなものが落下する。

それは奇妙な色と臭いを放つばかりか、
一家の人々や家畜たちに、
感染(?)し、

彼らをゾンビ化(or エイリアン化)させる、
というお話。

敢えて教訓を読み取るならば、
コロナも然り、

こういう謎のウィルス的なものが、
地球の生物に悪影響を及ぼすこともあるよ、

ということなわけだが、

ただ映画としては、
それに翻弄(感染)される、
一家のドタバタ劇しか描いておらず、

ちょっと奥行きがないというか、
これなら『宇宙戦争』の方が、
まだマシかと。

あと個人的にマイナスなのは、
グロ気味のシーンが多いのですわ。

内容が軽薄だから、
そっち方向に舵を切ったのだろうけれど、

いずれにしても、
こういう中途半端なSF映画は好きではない。

きっと、ラヴクラフトの原作は、
もっと「まとも」なんだと思うので、

いつかは読んで、
「お口直し」にしてみたいと思う。

適正価格(劇場換算):600円

映画カテゴリの最新記事