映画「デュプリシティ 〜スパイは、スパイに嘘をつく〜」

映画「デュプリシティ 〜スパイは、スパイに嘘をつく〜」

ジュリア・ロバーツ主演、映画「デュプリシティ 〜スパイは、スパイに嘘をつく〜」
2009年のアメリカ映画。

ライバル企業同士の探り合いと、
そこで暗躍する産業スパイ。

そこに男女の軽妙な掛け合いと、
誰が仲間で誰が敵か分からない騙し合いが絡む、

なかなかスリリングで、
奥が深い映画だと思う。

序盤は訳が分からず、
付いていくのがやっとなのだが、

ストーリーが進むにつれて、
実はこういうことだよ、という具合に、
過去に遡りつつ真相が明かされていき、

気がつけば惹き込まれていくという、
巧みな脚本ぶり。

ジェームズ・ボンドを、
さらにキザにしたような男と、

それに負けじと、
相手をたぶらかす女。

主演二人がとにかく魅力的で、
大人の恋の駆け引き(?)的な楽しさと、

スパイ同士の知的な騙し合いとが、
センス良く融合している。

決してカンタンな映画じゃないけど、
重苦しくならず、
全体的に軽いタッチになっているのも良い。

適正価格(劇場換算):1,800円

映画カテゴリの最新記事