映画「ザ・インタープリター」

映画「ザ・インタープリター」

ニコール・キッドマン&ショーン・ペン主演、映画「ザ・インタープリター」
2005年、アメリカのサスペンス映画。

なかなか重厚なストーリーなので、
説明が難しいが、
とりあえずトライしてみるか。

ニコール・キッドマン演じるシルヴィアは、
国連に務める通訳者で、

ある日偶然、
マトボ共和国(架空の国)の大統領を、
演説中に殺害するという情報を、
知ってしまう。

マトボ共和国の大統領というのは、
為政者の仮面を被った虐殺者で、

当然ながら、その命を狙う敵も多く、
実はシルヴィア自身も、
彼のことを快く思ってはいなかった。

大統領の身辺警護として、
シークレットサービスのケラー(ショーン・ペン)が着任するが、

シルヴィアの大統領に対する敵対心が、
並々ならぬことを知るとともに、

彼女の身に迫る危険とも闘いつつ、
いよいよ、大統領演説の日を迎える…。

伝わったでしょうかw

善悪が入り乱れる中で、
追うものと追われるものがいて、

そこに兄弟愛や夫婦愛の、
ドラマ要素がプラス、

かなり濃密な2時間、
もうお腹いっぱいです。

ただ、前半は結構スローテンポで、
ちょうど半分すぎた辺りから、
急にストーリーが動き始めるので、

観る人によっては、
付いていくのがしんどいかもしれない。

政治要素も絡んで、
ちょいと小難しい話なのだけれど、

ハラハラドキドキや、
ちょっとジーンとくる場面もあって、
脚本的には上手くまとめていたと思うし、

何と言っても、
ニコール・キッドマン&ショーン・ペンの主演が、
素晴らしすぎるなぁ。

二人の演技に魅入ってしまって、
サスペンスというよりも、
ドラマを観ている気分になる。

これは個人的な感想ですが、
ニコール・キッドマンって、

なんか顔が人工的というか、
それほど好きなタイプではなかったのですが、

この映画では、
めっちゃカッコよく撮れてますね。
惚れました。

適正価格(劇場換算):1,800円

映画カテゴリの最新記事