映画「リーマン・ブラザーズ最後の4日間」

映画「リーマン・ブラザーズ最後の4日間」

映画「リーマン・ブラザーズ最後の4日間」
2009年のイギリス映画。

言わずとしれた「リーマン・ショック」直前に、
裏で行われていた当事者同士の駆け引きを、
ドラマ風に再現している。

当事者であり、
何とか自社を延命させたいファルド会長、

政府として決断を迫られる財務長官、

「他人事」では済まされない、
ゴールドマン・サックスやメリルリンチなどのライバル、

そして買収を目論む、
バークレイズやバンク・オブ・アメリカ。

彼らの意地とプライドと、
そして勿論、損得勘定とが、
複雑に絡み合い、

そして結果的には、
リーマン・ブラザーズの倒産へと至った経緯を、

約50分というコンパクトながら、
無駄のない、かつスリリングな作品にしている。

恥ずかしながら『半沢直樹』って、
観たことないのだけれど、
あれもこんな感じの金融ドラマなのかな・・・?

「サブプライム問題って何?」という人にも、
一応途中で解説が入るから、
予備知識がなくても、何とかなりそう。

適正価格(劇場換算):1,800円

映画カテゴリの最新記事