映画「路上のソリスト」

映画「路上のソリスト」

ジェイミー・フォックス、ロバート・ダウニーJr.主演、映画「路上のソリスト」
実話を元にした2009年のアメリカ映画。

ロバート・ダウニーJr.演じる新聞記者が、
路上でヴァイオリンを弾くホームレスに惹かれ、

実は彼が、
元はチェロ弾きのエリートであったことを知り、

統合失調症でもある彼の再起に、
力を貸してゆく、というお話。

うーん、、、
主役がベートーヴェン好きということもあり、
全編にベートーヴェンが流れるのは良いのだが、

やはり統合失調症という題材のせいか、
どうもすっきりしないというか、
いわゆる「感動ストーリー」にはなりきれていない。

まぁ辛口に言ってしまえば、
主演のジェイミー・フォックスが、

好き嫌いもあるかもしれなけれど、
僕は『ドリームガールズ』の頃から、
あまり好きではなく、

この映画でも、
ちょっと演技が素人臭かったかなぁ、
という印象。

やはりカタルシスがないのだろうな。

主人公が、
オーケストラに憧れて、

何度かリハーサルに参加したり、
演奏会を聴いたり、
というシーンはあるのだけれど、

肝心の、オケに参加して、
素晴らしい音楽体験を味わった、
という場面がない。

まぁ、実話がベースなので、
実際にそういうことがなかったから、
と言われればそれまでなのだけれど。

ということで、
素材は良いのだが、
料理を失敗してしまった典型例。

これは細かい点になるが、
劇中で、主人公がチェロの先生から、

「ベートーヴェンもいいけど、
バッハの無伴奏もいいよ」

と、楽譜を渡されるシーンがあるけれど、

ジュリアード音楽院に入ったほどの、
エリートチェロ奏者が、

バッハの無伴奏を弾いたことがない、
というのが果たしてありえるのかどうか。

適正価格(劇場換算):1,000円

映画カテゴリの最新記事