映画「イカリエ-XB-1」

映画「イカリエ-XB-1」

映画「イカリエ-XB-1」
1963年、チェコスロバキアのSF。

「ソラリス」で有名な、
スタニスワフ・レムの小説が原作であり、

後世の多くの作品に影響を与えた、
伝説的な映画でもある。

ストーリーとしては単純で、
アルファ・ケンタウリの惑星系を目指す宇宙船を舞台に、

途中での苦難の様子や、
クルー達の人間関係を描いている。

宇宙船内のダンスパーティーは、
音楽がstylishだし、

航路で遭遇した難破船探索のシーンでは、
1960年代のモノクロ映画とは思えないぐらいの、
リアリティと緊迫感があるし、

「20世紀の人間は、
互いに殺し合う愚かなものだ」

という、
まさに現代社会そのものの風刺もあったりで、
(ちなみに原作者のレムはウクライナ出身)

古臭いという印象はまったくない、
逆に見応え十分な作品である。

そしてラストシーンは、
感動というかカタルシスというか、
作品全体を見事に締め括っていると思う。

適正価格(劇場換算):2,000円

映画カテゴリの最新記事