映画「ディボース・ショウ」

映画「ディボース・ショウ」

ジョージ・クルーニー、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ主演、映画「ディボース・ショウ」
2003年、USのラブ・コメディ。

コーエン兄弟による監督・脚本・製作、
そして、ジョージ・クルーニー&キャサリン・ゼタ=ジョーンズの、
スター共演ということで、
鑑賞前のハードルを上げすぎてしまったか、
やや期待ハズレ。

離婚訴訟を専門に扱う、
イケメン敏腕の弁護士が、

富豪と結婚しては、
すぐに別れて大金をせしめる美女と、
法廷で対決するものの、

次第にお互い惹かれ合ってゆく、
というストーリー。

一言で評するならば、
「薄っぺらい」。

その薄っぺらさの原因が、
どこにあるのかを考えてみると、

それこそ百戦錬磨のはずのイケメン弁護士が、
そんなにカンタンに、
利害関係のある女に惚れますか??
ってところかな。

多少脚本は練り込まれているものの、
基本は男の方が序盤からベタ惚れなので、
ストーリーに幅が出てこない。

名優二人の演技だけで、
かろうじて観るに耐えるレベルを保っている、
といった感じだろうか。

適正価格(劇場換算):1,300円

映画カテゴリの最新記事