映画「KIMI/サイバー・トラップ」

映画「KIMI/サイバー・トラップ」

スティーブン・ソダーバーグ監督、2021年・米のサスペンス映画「KIMI/サイバー・トラップ」
2021年、米のサスペンス映画。

「KIMI」っていうのは、
要はAlexaみたいなガシェット(≒家電)で、

「KIMI、音楽を流して」

って言うと、
その通りにしてくれる奴。

いくらAIとはいえ、
万能ではないわけで、

分からなかった言葉や、
誤認識したワードについては、

人の手で覚え込ませる、
つまりプログラムを上書きする必要がある。

この映画の主人公は、
KIMIが認識できなかった発話を、

ひとつひとつ聞きながら、
プログラムを修正していく、
「音声解析士」
という職業なのだが、

あるとき、音声データの中に、
どうやら殺人現場の音が入っていることに、
気付いてしまう。

何とかその事実を、
周りに知らせようとするのだが、

その殺人には、
実はKIMIの経営者自身が絡んでおり、

逆に彼女の命が、
何者かに狙われることになる、、、
というお話。

ソダーバーグ監督ということで、
ハードルを上げ過ぎたせいか、

うーーーーーん、
ちょっと物足りないかなー。

ヒロインは、
「コロナ禍における引き籠り」
という設定で、

それがこの作品に、
やや厚みをプラスしているわけだけど、

でもそれって本当に微々たるもので、
その設定がなくても、
ストーリー自体は成り立つし、

逆にそれがなかったとしたら、
本当にB級以下になっちゃうな。

ソダーバーグ作品の醍醐味ともいえる、
練られた脚本はどこへ行ったやら、

本作はかなりライトな、
サスペンス・アクションで、

敢えて良く言えば、
頭を使わずに見れるのだけれど、

でも反面、
サスペンス・アクションに求められる、
ドキドキ感が足りないしなぁ。

うーん、あまり褒められる点が、
見つからないです。

適正価格(劇場換算):1,200円

映画カテゴリの最新記事