映画「シン・ウルトラマン」

映画「シン・ウルトラマン」

2022年、日本のSF映画「シン・ウルトラマン」
アマプラで解禁になったので、
早速観てみた。

・・・・うむ。

リアル・ウルトラマン世代だし、
この数年の在宅勤務中に、
楽天TVで課金して、

全部とは言わないが、
ウルトラマンシリーズは、
懐かしみながら結構観たからね。

やっぱりお気に入りは、
ウルトラマン・レオだけれども。

さて、以下、
本作の感想。

CGがしょぼいのは、
僕みたいなオールドファンが、
違和感を覚えないように、

敢えてそうしたんだろうな、
と思いたい。

致命的なのは、脚本。

その場面の状況説明を、
無駄に人物に語らせようとするので、

発話が長すぎ、
かつ不自然となってしまう。

特にウルトラマン役の俳優が、
モゴモゴと何言ってるか分からない。

小説じゃなくて、
映画ですからね。

役者が全部語らなくてはならないようでは、
ダメなんですよ。

観てる側が思うであろうことを、
全部役者に語らせてしまってる。

何もそんなに説明しなくても、
鑑賞者の想像力に任せればいいじゃない、
と思うのだが、

そうならないところに、
製作側のエゴみたいなのが見えるんだよね。

そして致命的なのは、
ゾフィとゼットンだなぁ。

僕みたいな、
リアル・ウルトラマン世代ならば、
誰もがそう思うだろうが、

「そうじゃない」。

まぁ、ゾフィ先輩は、
そういうツンデレキャラというのは、
理解できなくもないが、

ゼットンはなぁ、、、
違う、違う。

あと、途中で、
長澤まさみが巨大化するシーンとか、
空回りも多い。

コメディと捉えればありだけど、
ガチで観たとしたら、
残念この上ない。

適正価格(劇場換算):800円

映画カテゴリの最新記事