映画「消されたヘッドライン」

映画「消されたヘッドライン」

ラッセル・クロウ、ベン・アフレック主演、映画「消されたヘッドライン」(2009年米英)
2009年米英合作のサスペンス。

ベン・アフレック出演作にハズレ無し!

という自分なりのルールにもとづいて、
鑑賞してみた。

いやぁ、ストーリーが濃厚かつ重厚すぎて、
紹介するのもひと苦労だけれども、
カンタンに紹介するならば、

政府と軍事企業との癒着を暴こうとする、
国会議員(ベン・アフレック)と、
その友達の新聞記者(ラッセル・クロウ)の活躍を描くのだが、

重要な人物が殺されたり、
意外な真相が明らかになったりと、

詳細を説明しようとすると、
即ネタバレになるので、
これ以上は控えます。

まぁとにかく、
軍事企業の不正を暴こうとする、
マスコミの奮闘譚ってことです。

プロットとしては、
非常に練られているのだけれども、

それが故に、
所々ストーリーとして不自然というか、

オマエ、普通そんなことしないだろ!?
みたいな部分もあり、

全体としてまとめ上げるのに、
相当苦労したのではないかと。

最後の最後で、
意外な真相が明らかになるのだけれど、

それも強引すぎるというか、
なぜ新聞記者がそれに気付いたかが、

観ている方(少なくとも僕)には、
チンプンカンプンで、

んーー、
せっかくここまで濃い話なら、
もう少し丁寧に説明してくれよ、、
といった感じ。

その他、
不倫とか社内のいざこざとか、

一言でいうならば、
「盛り込みすぎ」。

適正価格(劇場換算):1,500円

映画カテゴリの最新記事