映画「ウッドランド」

映画「ウッドランド」

2018年カナダのスリラー映画「ウッドランド」
2018年カナダのスリラー映画。

写真家の主人公が、
「北のガラパゴス」と呼ばれる孤島に、
冬の監視員として滞在することになる。

相棒は、現地に住む初老の男性のみ。

妻と別れた罪悪感に苛まれながらも、
島での生活に慣れようとするが、

ある日、自分の撮った写真が、
未来を写していることに気づく。

そこには、相棒の男性が、
死亡している写真もあり、

嵐が上陸する前夜、
避難所に籠もりながら、
そのことを本人に打ち明けるが…。

というお話。

ざっくり評するならば、
いかにも思わせぶりにしているが、
実は全く内容がない作品。

まぁおそらく、
主人公は、妻を失ったショックと、
薬物によって精神に異常をきたしていた、
ということなのだろうが、

それを描くのだとしたら、
孤島の生活という、
この映画の肝ともいえる設定が、
まったく活かされていないし、

何よりも、
断片的に「それっぽい」シーンを放り込んでくるだけで、
脚本が雑すぎなんだよなぁ。

ラストも投げっぱなし感満載で、
これは観る価値なし。

適正価格(劇場換算):500円

映画カテゴリの最新記事