「中国出張記4」

「中国出張記4」

2012年11月3日(土)

9時に目が覚める。
昼まで寝るつもりだったのだが、まぁ早起きに越したことはない。

朝風呂に入る。頗る快適である。

外は快晴。散歩に出る。

ジャケットを着てきたことをつくづく後悔しながら、
急な坂道を上る。

砲台が見えてきた。モンテの砦である。

マカオは小さな島なのに、あちらこちらに世界遺産が存在している。
中には、こんなものまで??というものもあり、

どうも、とことん観光立国(地)にしてやろうという、
何らかの力が働いているようで、胡散臭くもある。

ユネスコなんて、そんなもんなのだろう。

マカオ博物館を見る。

やはりモノを見ると、本やWikipediaからは伝わってこない、
歴史の重みが感じられる。

教会やら何やら、いろいろ見て回る。

セナド広場へと続く坂には、
竹下通りのように店がひしめき合っており、
若い人を中心に、ものすごい賑わいだ。

世界遺産なんかより、こういうリアルな人の動きこそ、
マカオの魅力なんだと思う。カジノ然り。

汗をかいたので、Tシャツを買おうと、
混雑した店に入る。

レジに並んで会計しようとすると、
店員が「割引券は持ってないのか?」と聞いてくる。

「そんなもん持ってない」というと、
「もってなきゃダメだ」みたいなことを言う。

いやいや、定価で買うからいいよ、と英語で説明すると、
それでもダメらしく、広東語で何やらまくし立ててくる。

こちらが困っていると、
列の後ろに並んでいたおっさんが、割引券をくれた。
3割引とは太っ腹である。

「トーチエ」と、広東語でお礼。

13時。ぶらぶら歩いていたら腹も減ったので、
ポルトガル料理屋に入る。

ムール貝のフライと鶏のモモ肉、マカオビール。
でも店内は中国語だけである。

ワインが飲みたくなったので、
百貨店(ヤオハン)へ行き、ワインを購入。

頼んでもないのに、店員の兄ちゃんが、
ものすごく訛った英語でワインの講釈をしてくるのには、やや閉口。

とりあえずポルトギースのおすすめをくれ、
といって250HKDぐらいのを買う。

15時半、ホテル着。

ワインを飲みながら、本を読んだりこのブログを書いたりする。
なかなかウマい。

18時、ワインを全部空けてしまい、
かなり酔った気がしたので、
1時間ほどベッドで横になる。

目が覚めると、腹は減っていないが、
外に飯を食いに行こうという気になる。
外は相変わらず暑い。

タクシーでコタイへ行くことにする。

20時、ヴェネチアンホテル着。

噂には聞いていたが、豪華というよりも、悪趣味というか、
まったくディズニーランドそのものである。

マカオらしさとか風情とか、そんなものは一切ない。

あるのは、カネの匂いとカジノの喧騒だけ。

20分ほど歩き回ってレストランを探したのだが、見当たらない。

仕方がないので、カジノに併設されているバーで、
鶏のから揚げと春巻きをオーダーする。

ワインを飲みながら、カジノに興じている人たちの表情を観察する。
なぜかみんな楽しそうに見えない。
だったらやらなきゃいいのに・・・。

勝ってそうな人には、売春婦たちが寄っていく。

これは皮肉でも嫌味でもなく、
売春婦こそ、立派な世界遺産だと思うのだが。

人間観察にも飽きたので、
タクシーで宿へ戻る。23時。

まだ早いのと飲み足りないのとで、クラブへ行く。

約1,000円で、ドリンクチケットが4枚もついてくる。
そんなに飲まないよ、、と思いながら気づいたら追加している自分が。

選曲は悪くない。
七三分けの中国人系DJが、無表情で盛り上げる。

他の客と仲良くなる。
ダイスを出してきて、勝負をしよう、と言うので、やんわり断る。

3時頃、ショーが始まり、美人さんたちが退けた後に、
上半身裸のマッチョな男が出てきたところで、帰ることにした。

3時半、ホテル着。4時就寝。

明日は帰国だ。

雑記・その他カテゴリの最新記事