感動したこと

感動したこと

新宿三丁目に、よく行く焼鳥屋がある。

焼鳥の味は、まぁそこそこだけれども、
ポテトサラダが、とても旨い。

それはさておき、
ある日、いつも通りに、瓶ビールと焼鳥セット、
そしてポテトサラダを楽しんでいると、
視界の端に、何やら動くものがある。

見ると、アリの3分の1ぐらいの大きさの、
小さな小さな虫が、机の上を歩いている。

その店の名誉のために、あまり大きな声では言いたくはないが、
それはGの幼虫だったと思う。

まぁでも、僕はGだろうが何だろうが、
そんなことは気にしない。

たまにはヒト以外の生物と面会するのも、
悪くはないものだ。

ただごめんよ、こちらも食事中なので、割り箸の袋でもって、
彼(彼女)をカウンターの端まで移動させてもらった。

思いっきり手加減したつもりである。

箸の袋の角を使って、
そっと20cmばかり、移動させただけだ。

でもその瞬間から、彼(彼女)は動かなくなった。

10分後ぐらいに、再度目をやってみても、
やはりその場でじっとしている。

手加減したつもりではあったが、
非力な彼(彼女)にとっては致命傷となる、
何かをしてしまったのだろうか・・・。

さらに10分後、チラ見をするも、
やはり状況は変わらない。

こっちもだんだん気になって、
読んでる本の内容が頭に入ってこなくなる。

まさか焼鳥屋のカウンターで、
こんな葛藤が生じるとは・・・。

ただそこは、薄情なヒトのことである。
二本目のビールを飲んでいるうちに、
すっかり彼(彼女)のことなぞ、忘れてしまった。

40分ぐらい経ったであろうか。
そういえば、と思って、彼(彼女)がくたばっていた場所を見ると、
なんとそこには、いない。

そんなバカな。

二本目のビールに突入するまでは、
あれほど心配したではないか。

彼(彼女)を動けなくさせてしまったことに対し、
若干の後悔をしていたことも事実である。

それが、いなくなるとは・・・。

驚いたのとほぼ同時に、
僕は生命力の凄まじさというものを、感じた。

そう、あれはpretend(フリ)だったわけだ。

そういえば成虫のGもよくやる、
お馴染みの手ではある。

でも、彼(彼女)は、少なくとも30分近くは、
じっと「死んだフリ」をしていたことになる。

そして目の前のヒト科ホモ属サピエンス種が、
読書とビールにハマって、
すっかり注意力を削がれた頃を巧みに見計らって、
その場から必死の逃亡をしたに違いない。

少なくともこの瞬間において、彼(彼女)は、僕よりも、
生きることに対して真剣だったのだ。

僕は残りのビールを一気に飲み干し、
会計を済ませて店を出た。

外は相変わらず、蒸し暑い。

雑記・その他カテゴリの最新記事