無人島妄想

無人島妄想

究極のukiyobanareとして、
孤立無援の絶海孤島で余生を過ごすことを想像し、

しかるにそこに何を持参するか、という問いは、
その人となりを知るのに効果的でもある。

自分の場合は、

・シングル・モルト一本
・古語辞典
・眼鏡

最後のは、水中眼鏡ではない。
コンタクトのつけっぱなしは、つらいのだ。

雑記・その他カテゴリの最新記事