謎の平均値

謎の平均値

野球とサッカー、それぞれにおいて、
ちょっと謎の平均値がある。

野球のは、「打者の平均打率」。

メジャーリーグも、日本のプロ野球も、
平均打率は、2割6分前後。

打者も投手も切磋琢磨してレヴェルを上げ、
用具や球場などの補正も働くため、
打率の平均値がだいたい一定を保つことは想像できるが、

ではなぜ2割6分前後なのか。
3割5分や1割5分で落ち着かないのは、なぜなのだろう。

サッカーの方は、「シュートがゴール枠内に飛ぶ割合」。

Jリーグでも、プレミアリーグでも、セリエAでも、リーガでも、
この数値は、32%~37%ぐらいになる。

なぜなのだろう。

考えられる理由としては、
これらの数値が、ヒトの生物としての能力の平均値だということだ。

つまり、ボールを投げる専門家とボールを打つ専門家が対決すると、
100回に26本「ヒット性の当たり」を打つのが、
ヒトとしての能力の平均なのであり、

球を蹴る専門家がフィールドに集まってプレイすれば、
100回に40回「ゴール枠内にボールを蹴る」ことができれば、
ヒトとして上々なのだ、

ということになる。

試しに、この夏の甲子園に出場している49の高校野球部の、
地方大会における平均打率を調べてみたところ、

平均としては3割以上で、
下は2割台から上は4割台まで、かなりバラバラという印象だ。

これはつまり、プレイする人の専門性が高くなればなるほど、
これらの値は平均化するということであって、

なぜこの値に収束するのかについては、
そのスポーツの性質と人間の能力の微妙なバランスによるものなのだろう。

雑記・その他カテゴリの最新記事