「ぶり返す」について

「ぶり返す」について

先日の風邪で、39度半ばまで体温が上がったときは、本当にしんどかった。

それぐらいの高温になるのは、初めてではないのだが、
今までは割と、昼間の時間帯や、朝起きてみたらそうだったということが多く、

今回のように、まさに寝るときになって、体温がピークになったことは、
あまり記憶にない。

「平家物語」の清盛の最期の場面では、
高熱に苦しむ清盛に水をかけたところ、たちどころに水が蒸発した、
というような描写があるが、それも大袈裟とはいえない、と思えたほどで、

たとえていうならば、水揚げされた魚の苦しさとでもいおうか、
真夏だというのに、羽毛ぶとんと毛布を重ねても寒さが抜けず、
しかし体は汗だくになり、

少しうとうとしたかと思うと、
世界中の怪奇・珍奇話を凝縮したような悪夢が襲ってくる、
「真夏の夜の夢」とはこれ如何に、

とかなんとか、回らぬ頭が死にもの狂いで駆け回っているようで、
思えば一晩をこんなに長く感じたことは、
これが初めてだったかもしれない。

さて、そんな体調も解熱剤のお蔭でほぼ安定したところで、
「風邪がぶり返す」という言葉の「ぶり」とはなんだろうかと、気になった。

辞典によれば、「ぶり返す」とは、
「元の悪い状態に戻ること。風邪がぶり返す。寒さがぶり返す。」とある。

それは、その通り。
しかし、肝心要の「ぶり」についての説明が、ない。

Webで調べてみると、同じような疑問をもった人が、質問コーナーなどに質問を寄せていたが、
それに対する回答が、「ぶり返す」は「振り返す」のこと、
などとドヤ顔で解説しているわけだが、それは明らかに間違いである。

日本語の濁音というのは、aboutなようでいて、実はそうではない。

「ふり(振り)」であるはずのものが、
何の理由もなく「ぶり」と発音されることは、まずありえない。

では、「ぶり」にはどのような解釈があり得るか。

ぶり

この日本語が意味するものは、下記の4つが考えられる。

1.魚の「ぶり(鰤)」。
2.「三日ぶり」「1年ぶり」「久しぶり」というように、程度や間隔を表す接尾辞。
3.「ふり」(振り・降りetc.)が、語頭ではない位置にくる場合。「どしゃ降り」「空振り」「ますらをぶり」。
4.「ゴリ押し」「ガリ痩せ」のように、擬音や擬態を表す。

言うまでもなく「1」「4」の可能性はないとして、「2」か「3」になるわけだが、
「2」にしても「3」にしても、「語頭」にくることは決してないわけで、
その意味で、「ぶり返す」は、異例なのである。

しかし、このままでは話が進まないので、
ひとつの解釈として、「ぶり返す」というのは、もともとは、「●●ぶり返す」という形で使われていたもので、
その「●●」の部分を一般化するために、欠落した、と考えることはできないだろうか。

その場合、「3」ではない。「2」だ。

例えば、10日前の状態に戻ることを、
「十日ぶり返す」と言っていた可能性はなかっただろうか。
(僕が知る限り、用例はないのだが。。)

同様に、「三日ぶり返す」「一年ぶり返す」・・・のような使い方をしていたが、
それらが一般化され、「前の状態に戻る」ことを、
「ぶり返す」と言うようになったというのは、考えられなくもないと思う。

繰り返すが、「ぶり返す」は、決して「振り返す」ではないと思う。
もしそうだとしたら、「振り返る」は「ぶり返る」となっていてもいいはずだ。

だから、「ぶり返す」は、清音⇒濁音の変化なのではなく、
もともと「ぶり」と発音されていた語なのであって、
そうすると、上述の1~3になるはずなのだ。

「ぶり返す」という言葉の意味が、「元の悪い状態に戻る」というふうに、
時間や期間を表現していることは明白なので、
上述の「2」に結びつけることは、自然だと思う。

だとすると、上で述べたように、数詞が省略されて一般化された、という解釈は、
あながち間違えではない気がしているのだが、どうだろうか。

※時間さえあって、文献や用例を補えば、
十分に国語学の論文たり得るテーマだと思うのだが、
それができないのは「返す返す」残念でならない。

雑記カテゴリの最新記事