BVLGARI

新宿駅の、東口と西口を結ぶ地下道の壁面の広告が、
最近注目されている。

あの位置(高さ)で、あの大きさのポスターを貼れるというのは、
相当インパクトがある。

今日通ってみたら、
BVLGARIのポスターがズラリと並んでいた。

 

OMNIA

昔の仕事の習慣で、ブランド名を目にするとき、
まず始めにロゴの書体を見てしまう。

ブランドのロゴといえば、
ルイ・ヴィトンが採用したフツラという書体はそれなりにセンセーショナルで、
模倣したブランドもいくつかあった。

けれどやはり、高級ブランドのロゴは、
セリフ体であるべきで、

Diorのニコラ・コシャンや、GODIVAのトレイジャン、
DEAN&DELUCAのカッパープレート・ゴシックなどは、
素直にカッコイイと思えるし、何よりも品がある。

BVLGARIのロゴ書体も、かなり洗練されており、
なんといっても、個性的な「G」の形状が一際目をひく。

ちなみに、BVLGARIの「V」は、18世紀初頭まで、
「U」の代わりに「V」を用いていた名残であって、

これを「ビーブルガリ」とか「ブブルガリ」と読むのは、
間違えである。

雑記・その他カテゴリの最新記事