色のはなし

色のはなし

今朝、青山の横断歩道で、母親が幼児に、

「さぁ、信号が緑になったから、渡りましょうね!」

と言っていた。

うむ。
その通りなのだけれども、
一般に信号の「Go!」は「青」だとされている。
僕も、生まれて以来、あれは「青」と呼ぶのが身についている。

確かに厳密にいえば、
あれは「緑」なので、このお母さんは正しいのだが、
ukiyobanare的には、「ちょっと待った!」と言いたい。

そもそも、古代日本語では、色を表す語は少なかった。

波長の近いもの、たとえばオレンジもピンクも朱色も「赤」だし、
緑も青も群青も「青」。

それは古代だけではなく、現代でも同じなわけで、
太陽の色を「赤」といっても通じるし、

「青々とした山」といえば、
それが葉っぱの緑を表していることは、誰でもわかる。

要するに、「青信号」というときの「青」は、
広義の意味での「青」なのである。

これは教育に原因があるのかもしれないが、
どうも今の若者は、ボトムアップ式の思考をする傾向がある。

いきなり細部にいくのである。
まぁもちろん、細部から帰納的に大局に辿り着くのも悪くないが、
それには相応の訓練が必要となる。

やはり、特に若いうちは、トップダウン式の思考を心がけるべきであって、
まずは全体を知り、その後、そこに含まれるそれぞれの要素に、
下りていくのがよいのではないか。

そうしないと、いつまでたっても、
「木を見て森を見ず」の状態からは抜け出せない。

まずは大きく「青」という概念をたたき込み、
その後、「あれ?この青とこの青は違うような気が・・・」ということで、
知性と感性が発達していくのではなかろうか。

小難しい話はともかく、この幼児が大きくなった際に、
青信号なので渡りましょう、と言われて、

「いや、これは緑だから渡らないよ」

なんて事態にならなければ、よいのであるが・・・。

雑記・その他カテゴリの最新記事