冠婚葬祭

冠婚葬祭

今日は、花園神社の大祭ということで、
家の近所が随分と賑やかだった。

冠婚葬祭という言葉は便利なもので、
「今日は冠婚葬祭なんで・・・」などと言われると、
まぁ仕方ないか、と思えてしまうぐらい、不可侵なものであるし、

お盆やらお彼岸やら、あるいは結婚式やら葬式やら、
家にまつわるあれこれの事柄は、
大概このひと言で片づけることができる。

冠婚葬祭のうち、前の3つは、その意味するところが限定的であるのだが、
「祭」というのは、非常に広い範囲をカバーしている。

まず日本語としての「まつり」の意味は、
「たてまつる」という言葉にも表れているように、
神や先祖にものを差し上げることからきている。

「まつろふ」(服ふ)となれば、自らを捧げること、
すなわち服従するという意味になる。

政治のことを「まつりごと」というが、
これは本来、政治と神事が一致していたことの名残であり、

現代の民主主義的に解釈すれば、
「政治とは人民に捧げるもの」となるのであろうが、
それはまぁ、この際どうでもいい。

漢字の「祭」の方はどうだろう。

下部分の「示」は祭壇を表している。

上部左の「月」は「にくづき」であり肉体を表し、
上部右の「又」は手を表すので、

「祭」というのは、かなり血腥いが、
祭壇に肉体や手が捧げられた状態、であり、
日本語の「まつり」にこの漢字が充てられたのも、頷ける。

このような「祭・まつり」の意味からすると、
神輿を担ぐものであれ、盆踊りであれ、
日本各地で見られる、いわゆる「お祭り」と呼ばれるものは、
その本来の意味から外れてはいない。

あるいは葬儀のことを「葬祭」ともいうが、
これも先祖(ついさっきまでは家族だったわけだが)に敬意を表するという意味では、
そんなに違和感はない。

けれどもこれが、「音楽祭」とか「学園祭」、「体育祭」となると、
おや、と思えてくる。

別に神や先祖に何かを捧げるといった大袈裟なものではないのに、
なぜ「祭」の字が使われているのだろう。

これは、英語の「festival」を和訳した際に、
「祭」を充ててしまったことに、
発端があるのだと思う。

つまり、「祭・まつり」というのは、そもそもは神事であったものだが、
たとえば神社のお祭りのような、
あの賑やかな一面だけが特徴としてクローズアップされてしまい、
「祭・まつり」=「festival」としても、定着してしまったわけだ。

すなわち、もともと大和言葉として存在していた「まつり」に、
それに意味の近い中国語である「祭」が充てられ、

さらにそれが広義に解釈された結果、
西洋語の「festival」とも結びつけられたという、
日本語としては特に珍しくもないが、
このような運命を辿ってきた語なわけだ。

「冠婚葬祭」とは本来は儒教のことばで、
「春夏秋冬」のように、
4つそれぞれが独立した意味をもつ熟語なはずである。

ただ現代日本人としてあらためてこの語を考えてみると、
「祭」の部分の曖昧さがちょっと気になっていたもので、
花園神社の神輿の掛け声をきっかけに、
わざわざちょっと書いてみた次第。

「今日は、冠婚葬祭なので会社を休みます」と言った場合、
それが「七夕祭り」や「音楽祭」であっても、認めてくれる上司は、
きっと許容と教養が広い人に違いない。

雑記カテゴリの最新記事